【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめポケモンと最強パーティ

ポケモンGOでのトレーナーバトル(対人戦)の一つ、スーパーリーグで活躍するおすすめポケモンご紹介。スーパーリーグの戦い方やおすすめのポケモンなども紹介しているので、スーパーリーグで勝ちたい方はぜひ参考にしてください。

最新更新情報

スーパーリーグのおすすめポケモン

上記ポケモンをクリックすると、本記事内にあるスーパーリーグでのおすすめ理由に移動します。

また、下記リンク内でスーパーリーグを含むトレーナーバトルではどのようなポケモンが強いのかを解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

トリデプス

トリデプス
トリデプスのHPは平均並みですが、全ポケモン内でも圧倒的な防御種族値を誇るため、被ダメージを大きく軽減しながら戦い続けられます。

一方で攻撃種族値の低さが目立ちますが、CP制限のあるスーパーリーグでは攻撃力よりも耐久力を重視。9つの耐性を持つことも相まって、相手が繰り出すポケモンによっては1匹で相手パーティを半壊するポテンシャルを持つでしょう。

対策されると脆い

高い防御性能の反面、W弱点が格闘と地面の2つ、さらにスーパーリーグでも採用されやすい「マリルリマリルリ」や「ナマズンナマズン」などが持つ水技も弱点に該当。

有利な相手にはめっぽう強いトリデプスですが、弱点を突かれると脆いのは否めないので、パーティには弱点をカバーする相性補完となるポケモンを必ず編成しましょう。

おすすめ技構成

ノーマルいわうちおとす
スペシャル1いわストーンエッジ
スペシャル2ほのおかえんほうしゃ
技構成は比較的性能が良い岩技をメインにしましょう。
炎や飛行ポケモンに強くなり、パーティに草タイプのポケモンがいても、弱点を突かれることなく安心して投入可能。

また、サードアタックを「ほのおかえんほうしゃ」にすれば、岩技では弱点を突けない草や鋼タイプへもダメージを与えやすくなり、相手がトリデプスを出してきても対応できます。

トリデプスが対策可能なポケモン

マリルリ

マリルリ
マリルリは耐性を7つと多く持ち、HPがかなり高いポケモン。
弱点の電気と草、毒技を使う苦手なポケモンに当たらなければ、持ち前の耐久性の高さでゴリ押しが可能。

対応力が高い

さらに「フェアリーじゃれつく」や「こおりれいとうビーム」も覚え、比較的弱点の少ないドラゴンタイプにも対応できるのが強み。

そして「こおりれいとうビーム」はくさタイプへの反撃手段として使えるので、弱点タイプにも立ち向かえる対応力の高さが売りです。

おすすめ技構成

ノーマルみずあわ
スペシャル1フェアリーじゃれつく
スペシャル2こおりれいとうビーム
ノーマル技を「かくとういわくだき」にすると鋼タイプに対して優位に立てますが、「みずあわ」は与えるダメージ、獲得エネルギー量共にトップクラスの優秀な技なので変える余地はありません。

また「みずあわ」を外すとタイプ一致の水技で攻められなくなるので、「みずハイドロポンプ」を採用しないことを含めて「みずあわ」一択となります。

マリルリが対策可能なポケモン

エアームド

エアームド
高めの防御種族値且つ、鋼タイプ特有の優秀な耐性により、耐久性能がとても高いポケモン。

耐性の数は同じ鋼ポケモンの「トリデプストリデプス」を超える10個。さらにW弱点を持たない分相手を選びにくくなったので、等倍同士の戦いでも有利に立ち回りやすくなっています。

マリルリ対策に有効

エアームドの強みは強力な草技を使う「ジュカインジュカイン」や「フシギバナフシギバナ」などに攻防ともに有利に立ち回れる点。

さらにスーパーリーグでは多くのトレーナーが採用する「マリルリマリルリ」の弱点を突けるため、耐久性の高さによる持久戦だけでなく自らも積極的に攻めに転じれるポケモンです。

見せ合うバトルでは牽制に

また、事前に見せあうバトルであれば、相手がマリルリを出す際の牽制にもなるため、サードアタックを解放せずとも育てておくだけでメリットがあります。
※事前に6匹のポケモンを見せあい、その中から3匹を選んで戦うバトル方式

おすすめ技構成

通常技の性能は2つとも平均的。パーティ編成時のタイプ相性で有利をとりたい相手によって変えましょう。

はがねのつばさ」はマリルリなどのフェアリーや岩タイプにも有利に戦えるように、「エアスラッシュ」は技が強力な草や格闘ポケモンを楽に倒せるようになります。

エアームドが対策可能なポケモン

チルタリス

チルタリス
HPと防御種族値がいずれも高い耐久型のドラゴンポケモン

多くのタイプに等倍で攻撃できるドラゴン技をタイプ一致で使えるため、使い勝手の良い汎用性の高さが売りといえます。

W弱点の氷技に注意

高い耐久性を誇るとは言え氷技はW弱点になるため、相手によってはあっけなく倒れてしまうことも。

ドラゴン技でゴリ押しするだけでなく、どのポケモンがチルタリスの弱点タイプの技を覚えるのか把握して、臨機応変に交換していくのがおすすめです。

おすすめ技構成

ノーマルドラゴンりゅうのいぶき
スペシャル1ひこうゴッドバード
スペシャル2ドラゴンりゅうのはどう
通常技の「ドラゴンりゅうのいぶき」は与ダメージと獲得エネルギー効率がどちらもトップクラス。
広い等倍相性も含めて採用しない理由はありません。

スペシャル技はエネルギー消費の少ない「ひこうゴッドバード」で対格闘や草タイプへの突破口に。
ドラゴンりゅうのはどう」は弱点を突けない相手に使っていきましょう。

チルタリスが対策可能なポケモン

ナマズン

ナマズン
ナマズンの弱点は草タイプのみのため、大半が等倍以下な事とHPの高さも相まって耐久面で優秀なポケモン。

草技が鬼門

ただし唯一の弱点である草タイプはW弱点かつ優秀な技が多め。
草技は「マリルリマリルリ」対策として採用率が高く、マリルリを採用せずとも避けて通れない道なので、ナマズンを採用時は草技に耐性があるポケモンも一緒に編成しましょう。

おすすめ技構成

ノーマルじめんマッドショット
スペシャル1じめんどろばくだん
スペシャル2こおりふぶき
じめんマッドショット」は地面技の中でもエネルギー増加量がトップクラス。
スペシャル技の「じめんどろばくだん」もエネルギー消費量が少なめなので、比較的素早く連発できます。

もう一方のスペシャル技にはドラゴンや飛行ポケモン対策に「こおりふぶき」を採用するのがおすすめ。
じめんどろばくだん」に比べると発動速度は遅めですが、天敵である草タイプにも一矢報いることができます。

ナマズンが対策可能なポケモン

チャーレム

チャーレム
チャーレムはレベル40になってもCPが1,500に届かない(個体値MAXでも)ほど低い種族値のポケモンですが、覚える技がどれも優秀。

特に技を発動する毎に攻撃力がアップする「グロウパンチ」を覚えられるのが強みで、獲得エネルギーとダメージ効率が高い「かくとうカウンター」との併用により、自信の攻撃力を素早くアップ。
低い攻撃種族値でも他を圧倒するほどのアタッカーへ変貌します。

鋼や格闘タイプへの対策に

格闘技にて鋼や悪、氷といったおすすめに挙げたポケモンでは、有利をとりにいきにくいタイプをタイプ一致で攻撃

また、エスパータイプでもあるので格闘技に耐性があり、ミラーマッチにも投入できます。
※同じポケモン同士で闘うこと

おすすめ技構成

ノーマルかくとうカウンター
スペシャル1グロウパンチ
スペシャル2こおりれいとうパンチ
前述したように「カウンター×グロウパンチ」は鉄板です。
タイプ一致の「エスパーサイコキネシス」を採用する手もありますが、エスパー技の場合はミラーマッチにおいて不利になります。

こおりれいとうパンチ」ならばミラーマッチだけでなくドラゴンや草タイプにも有利。
さらに消費エネルギーが低いため、耐久性の低さからスペシャル技を少しでも早く発動したい、チャーレムに最適な技となります。

チャーレムが対策可能なポケモン

ジュカイン

攻撃力が高いため、CP制限下のスーパーリーグではステータスがやや低めになりますが、スペシャル技発動までのスピードが早いというアドバンテージを持ちます。

覚える技がすべて対人戦で使いやすい点もあり、特に「くさリーフブレード」は消費エネルギーが最低且つ高威力という破格の性能の技です。

対みず・じめん対策に適任

マリルリマリルリ」や「ナマズンナマズン」といった水タイプのポケモンに相性面で圧倒的に有利。

相手よりも早くスペシャル技を打てる場面が多く、終始安定したバトルができるでしょう。

おすすめ技構成

ノーマルむしれんぞくぎり
スペシャル1くさリーフブレード
スペシャル2ひこうつばめがえし

通常技は選択肢

いずれの通常技もエネルギー獲得効率が高く優秀ですが、「むしれんぞくぎり」の方がやや効率は上。
耐久ステータスに不安のあるジュカインは、倒されるまでに多くの「くさリーフブレード」(または「ひこうつばめがえし」)を打つのが最大の仕事となります。
 
したがって、通常技とスペシャル技ともにエネルギー効率がもっとも良い技構成がベストです。

ジュカインが対策可能なポケモン

スーパーリーグおすすめパーティ

パーティ編成

パーティ編成時のポイント

バトルでは相性不利をとられ続けると、勝敗に大きく影響します。不利を作られないように、耐性の多いポケモンを1匹以上組むのが理想です。

また、技の性能が良くダメージ効率が良いポケモンを軸に、ポケモン同士で苦手相性をカバーするのも重要。
弱点が被らないように編成すると習字安定してバトルができます。

環境によって変化

新技の実装や新ポケモンの実装などで注意するべきポケモンは日々変化します。
ただし、いかに強力なポケモンでも天敵(弱点や耐性)が存在するので、対策してしまえば怖くありません。

1つのパーティですべてのポケモンを対策するのは難しいですが、できるだけ多くのポケモンに対応できるパーティが理想といえます。

パーティ例1:ナマズン軸

パーティ解説

ポケモン同士の相性と耐性を重視したパーティ。
それぞれW弱点がありますが、他のポケモンでカバーすることが可能です。

先発は弱点が少ない且つダメージ稼ぎもできるナマズンが良いでしょう。
W弱点の草が相手の時は交代を検討したい
▲W弱点の草が相手の時は交代を検討したい

チルタリスも攻撃要員に

ナマズンの耐久は優秀な部類ですが、相手も耐久型(マリルリやナマズンなど)の場合は、決定打に欠けるためダメージの負担が多め
勝てたとしても他のポケモンに対して耐久するには不安に残ります。

そのような場合は、等倍範囲が広いドラゴン技を使える、チルタリスを攻撃要員として繰り出すのがよいでしょう。

パーティ例2:マリルリ軸

パーティ解説

高いHPと優秀な耐性を持つマリルリを軸に置き、他のポケモンでサポートするパーティです。

等倍同士でのバトルは高HPのマリルリが最適ですが、ダメージ稼ぎは攻撃種族値が高く素早くスペシャル技を出せるハッサムに任せると良いでしょう。

マリルリは対策されやすい

マリルリはスーパーリーグに最適な性能の高さから対策されやすく、特に草タイプの技を持つポケモンを採用されやすくなっています。

もし草タイプのポケモンを出された場合は、虫技のハッサムで迎撃するのがおすすめです。

ブラッキーは壁役に

ブラッキーはHPと防御がともにトップクラスなので、ほか2匹の被ダメージを減らす受け役としても活躍。

ダメージ効率は並以下なので攻撃役としては他2匹に劣りますが、シールドを使わずともスペシャル技を受け続けられます。

パーティ例3:トリデプス軸

パーティ解説

強固な防御力で倒されにくいトリデプスを起用したパーティです。

トリデプスは水や格闘に弱いですが、それらはマリルリとトリデプスでカバー。
どのポケモンも耐久性が高く等倍バトルでゴリ押ししやすいので、弱点を取られることだけを防いでいれば勝利できるでしょう。

スーパーリーグの戦い方

トレーナーバトルの基本

タイプ相性を常に意識する

ステータスに極端に差がないスーパーリーグでは、タイプ相性の良いポケモンが圧倒的に有利です。

バトルでは相手がどのタイプのポケモン(またはどのタイプの技)を使ってくるかの読み合いになるので、常に相性有利の状態を保つ、もしくはこちら側が弱点を突かれないように意識しましょう。

耐性が多いポケモンを先発に

一番最初に選出するポケモンは耐性の多いポケモンがおすすめ。

バトルでは相手が何を出してくるのか予測できないため、多くのタイプに対応できるポケモンを出せば、序盤から不利な状況になるのを防ぎます。

ポケモンGO攻略Wikiリンク

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2016 Niantic, Inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ポケモンGO攻略Wiki

    最新イベント・アプデ情報

    ポケモンGOランキング

    ポケモン一覧

    地域別
    タイプ別

    フレンド情報

    トレーナーバトル情報

    レイドバトル攻略法

    ジムバトル攻略法

    リサーチ情報

    初心者向け攻略まとめ

    お役立ち攻略情報

    裏技・小ネタ

    わざ一覧

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。