【ポケモンGO】シエラの対策!勝つためのポケモンやパーティ

ポケモンGOのロケット団リーダー、シエラの手持ちとその対策、おすすめなポケモンやパーティをまとめています。アルロに勝てない時は参考にしてください。

ポケモンGO最新更新情報
シエラ

シエラの手持ちポケモン

ロケット団リーダーの一人、紅一点の女性シエラの手持ちポケモンは以下の通り。
1番手2番手3番手
ダンバル ナッシー
ラプラス
サメハダー
ダーテング
ヘルガー
フーディン
シエラがダンバルを最初に繰り出すのは共通ですが、2番手以降は弱点や耐性がバラバラのポケモンを使います。
※本攻略記事ではプレイヤーの皆様が、シエラに勝ったパーティ編成を募集しています!
パーティ投稿はこちら

シエラの対策

シエラ使うポケモンを見て撤退も視野に

シエラが使う2番手と3番手は弱点タイプや使う技の耐性がバラバラなので、“このポケモンを編成すればすべてに対応できる”といった汎用性の高いポケモンは存在しません。

勝てない時は再度挑戦すると思いますが、同じ位置にいるシエラは同じパーティを使ってくるので、そのシエラの手持ちに最適なパーティを別途組むか、別の場所のシエラと戦いましょう。

通常技のタイプ相性次第でリタイアも考える

ほぼすべてのポケモンは、シエラが使うポケモンのスペシャルアタック(以下、ゲージ技)を受けると、一発で瀕死状態に

それほど強力なゲージ技ですが、後述する硬直時間によって2番手以降は受けない立ち回りも可能です。
しかし、通常技はそうもいかず、避けることもできないので直に受けることになります。

シエラのシールドはダンバルで消費させよう

ロケット団のリーダーであるシエラはシールドを使用!
シールドはゲージ技のダメージを0にするため、戦闘が激化する後半に使って欲しくありません。

なるべくシエラが最初に繰り出すダンバルで消費させて、2番手以降はゲージ技のダメージを通せるようにするのが基本です。

初手は素早くゲージ技を使えるポケモンを

上記の通り、ダンバルでシールドを使わせたいので、こちらが初手に出すポケモンは早くゲージ技を使える技構成がおすすめ。 ダンバルにはゲージ技によるダメージは見込めないので、効果抜群の通常技と消費エネルギーが少ないゲージ技の組み合わせを持つポケモンで挑みましょう。

シエラを硬直させて有利に動こう

シエラに限らず、ロケット団とのバトルでは以下の行動を行うと、対戦相手に約3秒の硬直が発生します。
・ポケモンがゲージ技を使用
・ポケモンを交代
・ポケモンを撃破
硬直時間帯は攻撃されないので、味方が瀕死になることはありません。
この硬直を利用すれば、以下のような動きも可能になります。

シエラのポケモン撃破後は一方的に攻撃できる

ポケモンを撃破した後、数秒間相手は何もしてこない、無防備な時間が発生します。

その無防備な時間帯に、再度硬直を起こせるゲージ技を使用するのは勿体ないので、最初の2秒までは通常技で攻撃硬直が溶ける前にゲージ技を使用して再度硬直を狙いましょう。
※この時エネルギーを溜めることもできるが、その前のポケモンでなるべくフルチャージしておきたい

有利なポケモンと交代して硬直を狙う

1から2、2から3番手とタイプ相性的に続投できるポケモンもいるので、上記の硬直を狙うためにも、型にはまればそのまま戦い続けるのもおすすめです。

ただし、交代した場合も硬直を狙えるので、こちらが瀕死になるまで戦い続けるのではなく、交代して再度硬直を狙うのも良いでしょう。

シエラ対策におすすめのポケモン一覧

詳細な理由は後述していますが、シエラ対策におすすめのポケモンをまとめています。

シエラが繰り出す1番手対策

シエラのダンバル対策におすすめのポケモン

鋼とエスパーのダンバルは炎と地面、ゴースト、悪タイプの4種類が弱点。

この中でおすすめのタイプはゴーストタイプ。
ダンバルは通常、ゲージ技どちらもノーマル技しか使わないので、W耐性により安定して受けきれます。
ポケモンおすすめ理由
ギラティナ(オリジンフォルム)
ギラティナ
(オリジン)
シャドークロー×シャドーボール
ゴーストポケモンはノーマルタイプがW耐性なので被ダメージを抑えながら、効果抜群の技でジワジワとダンバルのHPを削る。
2番手以降の対エスパー対策にも有効なので、ダンバル以外にも役割を持てる。
シャンデラ
シャンデラ
たたりめ×シャドーボール
採用理由はギラティナと同じ。

シエラが繰り出す2番手対策

ダンバル対策に用いれるゴーストタイプはナッシーの弱点
なおゴースト技はサメハダーに効果今一つなってしまいますが、3番手で使える可能性があるので、撤退せずに交代するのがおすすめ。

そして、そのサメハダーは電気と格闘、虫、草、フェアリーの5タイプが弱点。
電気や格闘はラプラス対策にも用いれるので、最初の挑戦時(様子見)にはゴースト→電気or格闘ポケモンと繋げきましょう。

シエラのナッシー対策

ポケモンおすすめ理由
ハッサム
ハッサム
れんぞくぎり×シザークロス
ナッシーが持つ通常技2タイプに耐性を持ちながら、W弱点の虫技で攻められるポケモン。
上記技の組み合わせは素早くゲージ技を使用できるため、相手の硬直を狙いやすく、続く3番手のダーテングやフーディンにも起用可。
シュバルゴ
シュバルゴ
むしくい×メガホーン/つばめがえし
ハッサムと同じタイプの組み合わせなので、HPと防御値が多少低くとも安定性は同等。
使用する技のかみ合わせが悪く硬直を狙いにくいものの、W弱点の通常技でじわじわ削ることができる。

シエラのラプラス対策

ポケモンおすすめ理由
ニョロボン
ニョロボン
マッドショット×ばくれつパンチれいとうパンチ
水と氷タイプに耐性を持ちつつ、強力な格闘技をお見舞いできるポケモン。
格闘技は続くダーテングとヘルガーにも弱点をつけるので、様子見として連れていくのも良い。
ジバコイル
ジバコイル
スパーク×ワイルドボルトミラーショット
氷タイプに耐性を持つ電気と鋼の複合。
続く3番目の中に電気技が弱点のポケモンはいないが、「ミラーショット」を用いて相手の攻撃を下げれば、最後の3番手に有利な戦況を作ってから交代できる。

シエラのサメハダー対策

サメハダーは格闘、虫、電気、草、フェアリーの5タイプが弱点。
そして通常技は水もしくは悪タイプを用います。

水タイプの場合は草悪タイプの場合は格闘とフェアリーポケモンで挑むのがおすすめ。
反対の技を使ってきた場合は速やかに撤退し、弱点をつけるタイプで攻めるのがおすすめです。
ポケモンおすすめ理由
モジャンボ
モジャンボ
つるのムチ×パワーウィップ
【たきのぼり使用時】
全体的に高い種族値の草タイプ。
ゲージ技でダメージを稼ぐタイプなのでシールドは1番手で使わせておきたい。
ジュカイン
ジュカイン
れんぞくぎり×リーフブレード
【たきのぼり使用時】
素早く弱点の「リーフブレード」を使用してダメージを稼ぎながら、硬直も頻繁に狙いにいける。
ルカリオ
ルカリオ
カウンター×グロウパンチ/はどうだん
【かみつく使用時】
高DPT&EPTを誇る「カウンター」で着実にダメージを稼ぎながら、「グロウパンチ」で自身にバフ、相手の残HPによっては「はどうだん」で止めをさしにいく。
ローブシン
ローブシン
カウンター×ばくれつパンチ
【かみつく使用時】
ルカリオとは異なり、省エネのゲージ技を持たないので、高性能な「カウンター」でダメージを稼ぐパターン。
トゲキッス
トゲキッス
あまえる×マジカルシャイン
【かみつく使用時】
「マジカルシャイン」の必要エネルギーが多いので、専ら「あまえる」でダメージを稼ぐ構成。
続くダーテングにも効果抜群をとれるので、残HPによってはゲージ技を使用せずに持ち越す戦法も。

シエラが繰り出す3番手対策

シエラが3番目に繰り出す手持ちのうち共通の弱点が、飛行とフェアリーなのがエルレイドとダーテング格闘がヘルガーとダーテングです。

こちらの手持ちが倒されないために相手が使う通常技に耐性を持つポケモンが基本ですが、その中でも上記タイプの技を使えるポケモンを選択しましょう。

シエラのヘルガー対策

ポケモンおすすめ理由
バシャーモ
バシャーモ
カウンター×ストーンエッジオーバーヒート
悪と炎に耐性を持つ炎格闘アタッカー。
DPTが高い「カウンター」でヘルガーのHPを削りながら、止めの「ストーンエッジ」にて早い段階で瀕死に追い込める。 「オーバーヒート」を覚えていれば、ダーテングにも優位をとれるのでサードアタックで解放しておくのがおすすめ。
カイリキー
カイリキー
カウンター×インファイト
炎タイプには耐性を持たないので、ヘルガーが「ほのおのキバ」を使ってくると安定性に欠ける。
しかし、DPTの高い「カウンター」と破壊力抜群の「インファイト」でいっきにHPを減少し、バシャーモと同じく、ダーテングの場合でもそのまま投入できる。
ニョロボン
ニョロボン
マッドショット×グロウパンチばくれつパンチ
ヘルガーが使う悪と炎両方に耐性を持ちつつ、効果抜群の技で押せる。
「グロウパンチ」搭載型で2番手から引き続き使用している場合は、ニョロボンの火力もアップしていると思われるので大きな爪痕を残して3番手にバトンタッチできる。

シエラのダーテング対策

ダーテングは悪と草タイプの技を使うため、ヘルガー対策にも投入できる、炎・格闘のバシャーモがおすすめ。
また、使う技が草タイプの場合はやや安定性に欠けますが、カイリキーも同様に攻略向きのポケモンです
その他には以下の理由でハッサムもおすすめ。
ポケモンおすすめ理由
ハッサム
ハッサム
れんぞくぎり×シザークロス
草タイプがW耐性なので、ダーテングが「はっぱカッター」を覚えている場合は余裕を持って攻略可能。
等倍相性の悪技であってもゲージ技使用時に発生する硬直にて、ダーテングに極力行動させずに立ち回れる。

シエラのフーディン対策

高い攻撃種族値を持つフーディンは通常技だけでも、味方ポケモンのHPを大きく削ってきます。
通常技はエスパーしか使用してこないので、必ずエスパーに耐性を持つポケモンで攻略しましょう。
ポケモンおすすめ理由
バンギラス
バンギラス
かみつく×かみくだく
覚える技は平凡ではあるが、全体的に高い種族値とエスパーにW耐性を持つことから安定して投入できる。 基本的には「かみつく」がダメージソースとなるが、硬直を狙うためにも随時「かみくだく」も使用したい。
ダークライ
ダークライ
バークアウト×あくのはどう
バンギラスとは異なり、ゲージ技でダメージを稼ぐタイプ。

シエラのバトル報酬

シエラに勝利するとダンバルのゲットチャレンジが発生します。

ここで出会えるシャドウポケモンのダンバルは色違いで出現する可能性があるので、色違いシャドウが欲しい人はシエラと戦うのがおすすめです。

ポケモンGOのおすすめ攻略リンク


最新イベント

ポケモン一覧

技データ一覧

ランキング

出現中のレイド

トレバト攻略

最新タスク

追加色違い

掲示板

開催中/開催予定イベント

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2016 Niantic, Inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント 12

読み込み中です

    ポケモンGO攻略Wiki

    最新イベント・アプデ情報

    新イベント/機能
    アワーイベント
    注目レイド

    ポケモンGOランキング

    ポケモン一覧

    地域別
    タイプ別

    フレンド情報

    トレーナーバトル情報

    ロケット団情報

    ロケット団対策
    ロケット団関連リサーチ

    レイドバトル攻略法

    ジムバトル攻略法

    リサーチ情報

    スペシャルリサーチ効率

    初心者向け攻略まとめ

    お役立ち攻略情報

    裏技・小ネタ

    わざ一覧

    ポケモン関連攻略サイト

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。