【ポケモンGO】サカキの対策と攻略パーティー

ポケモンGOに出現する、ロケット団のボス・サカキの攻略情報。サカキが使う手持ちのポケモンとその対策、攻略パーティーをまとめています。サカキに勝てない時は参考にしてください!

ポケモンGO攻略からのお知らせ
サカキ

サカキ対策パーティ紹介

サカキ
※本攻略記事ではトレーナーの皆様が、サカキに勝ったパーティ編成を募集しています。頂いた投稿は記事にて随時紹介いたします。
パーティ投稿はこちら

2番手ニドキング

2番手ガルーラ

※更新中

2番手ガブリアス

サカキの手持ちポケモン

サカキの手持ちポケモンが変更

2020年10月13日(火)から開催された秋イベントパート2にて、サカキのスペシャルリサーチが再配信。

気球およびポケストップから、シャドウミュウツーを連れたサカキが登場します。

サカキの手持ち一覧

1番手2番手3番手
ペルシアン ニドキング
ガルーラ
ガブリアス
ミュウツー

ペルシアン対策おすすめポケモン

ニドキング対策おすすめポケモン

ガルーラ対策おすすめポケモン

ガブリアス対策おすすめポケモン

ミュウツー対策おすすめポケモン

気球からも出現

バトルチャレンジ
2020年7月8日(水)にロケット団の気球が実装され、ポケストップを訪れなくてもロケット団と挑戦可能に。
スーパーロケットレーダーを持っていればサカキと戦うこともできます。

サカキ探索リサーチの再配信が決定

新型コロナウイルスの影響を受けて、2020年5月から9月末まで、サカキのスペシャルリサーチ(隠された真相をあぶり出せ!)は配信されませんでした。

しかし、2020年10月13日(火)から、サカキのスペシャルリサーチが再配信
それにともない、シャドウミュウツーや新たなシャドウポケモンが登場するなど、様々なイベントが開催されます。

サカキが使う3番手は月替り

※2020年10月13日(火)以降はシャドウミュウツーが登場。
3番手&ゲットチャレンジ対象
2月ライコウライコウ
3月~エンテイエンテイ
7月10日〜スイクンスイクン

サカキが繰り出すポケモンの法則

なにかとセットで括られる世代毎の伝説ポケモンが、伝説シャドウとしてサカキが使ってきます。
以下は世代ごとに括りが有る伝説ポケモンたちです。
タイトル準伝説グループ
金銀 【三聖獣】
ライコウ エンテイ スイクン
RS 【レジ系】
レジロック レジアイス レジスチル
【ラティ兄弟】
ラティアス ラティオス
DP 【UMAトリオ】
ユクシー エムリット アグノム
BW 【三闘獣】
コバルオン テラキオン ビリジオン
【神トリオ】
トルネロス ボルトロス ランドロス
※グループ名はユーザー間で呼ばれている名前もあり、必ずしも正式名ではありません。

サカキの対策と勝つためのコツ

ペルシアンでシールドを使い果たさせよう

ペルシアン
サカキもリーダーと同様に、シールドが残っているうちは必ずシールドを使用します。

2匹目はランダム、終盤には強力な伝説ポケモンが控えているので、なるべく確定出現のペルシアンでサカキにシールドを2回使わせましょう。

1匹目は素早くスペシャル技を使える技構成で対策

1匹目に繰り出すポケモンで、サカキのシールドを2枚すべて使わせることができると、後々の攻略がラクになります。

そのため、最初のポケモンはエネルギー効率の高いノーマル技と、消費エネルギーが少ないスペシャル技を組み合わせた技構成で挑むのが対策のコツです。

撤退ポイントは2つ

サカキの手持ちは初手と最後のみ固定なので、2番手に繰り出すポケモンによっては撤退して再度挑戦するのがおすすめ。

ただし、初手のペルシアンもノーマル技によっては、タイプ相性有利なポケモンでも役割を遂行できず瀕死に陥る場面も。
そのため、ペルシアンのノーマル技2番手に繰り出すポケモンの2箇所で撤退するか決めましょう。

サカキが繰り出す1番手対策

サカキのペルシアン対策

ペルシアン
耐性 1.600倍 かくとう
0.391倍 ゴースト
ノーマル
スペシャル
ペルシアンがタイプ一致で使う通常技「ひっかく」は、与ダメージ効率に長けた技。
生半可な耐久ではシールド破壊される前に瀕死に陥るので、「ひっかく型」は高耐久「だましうち型」なら格闘タイプで挑むのがおすすめ!
ポケモンおすすめ理由
ルカリオ
ルカリオ
カウンター×はどうだんグロウパンチ
ノーマル・悪タイプ技それぞれを軽減しつつ、格闘タイプ技で"効果抜群"を狙える。また、必須ではないが「グロウパンチ」があると、相手のシールドを素早く使わせることができる。
バンギラス
バンギラス
かみつく×かみくだく
バンギラスもペルシアンのノーマル技両方を軽減できる。相手の弱点はつけないが、3番手に控えているミュウツーへの対策ポケモンとして続投可能。

ひっかく型のペルシアン対策

ポケモンおすすめ理由
ジバコイル
ジバコイル
スパーク×ワイルドボルト
「ひっかく」を軽減できる鋼タイプで対策。「スパーク×ワイルドボルト」の技構成は、シールドを剥がすのもそこそこ早く、その後のダメージも安定して叩き出せる。
ギラティナ(オリジンフォルム)
ギラティナ
(オリジン)
ドラゴンテール×りゅうのはどうあやしいかぜ
ノーマルタイプがW耐性なので、「ひっかく」にめっぽう強い。
ペルシアン相手にはドラゴンタイプ技のほうがよりダメージを与えられるが、「あやしいかぜ」を持っておくと、シールドをより素早く剥がせるほか、3番手のミュウツー対策としても活躍できる。

だましうち型のペルシアン対策

ポケモンおすすめ理由
カイリキー
カイリキー
カウンター×クロスチョップ
ノーマルタイプの弱点をつける格闘タイプは、悪タイプ技を軽減可能。なお、カイリキーを一番手で繰り出す場合、スペシャル技は素早く発動できる「クロスチョップ」がおすすめ。
ローブシン
ローブシン
カウンター×ばくれつパンチ
カイリキーと似たような運用で対策。種族値面でカイリキーより優れているが、シールドを剥がすのが若干遅め。それでもペルシアン対策として十分に適役。

サカキが繰り出す2番手対策

ニドキング
サカキが2番手に繰り出すポケモンの弱点は以下のとおり。
ポケモン弱点
ニドキング みずこおりじめんエスパー
ガルーラ 格闘
ガブリアス こおりドラゴンフェアリー
2番手対策として選出するポケモンは、少なくとも3匹のうち2匹へ安定して繰り出せるものを選ぶとよいでしょう。

1番手でシールドを剥がしきる場合は、3匹のうち1匹は余裕をもって攻略できつつ、他のポケモンに対してはスペシャル技でゴリ押すといった対策も可能になります。

また、氷タイプ技はガブリアスとニドキングに対して効果的ですが、相手の技への耐性が少なく、さらにニドキングは鋼タイプのノーマル技「アイアンテール」を使うため注意が必要。

サカキのニドキング対策

耐性 1.6倍 みず こおり じめん エスパー
0.625倍 かくとう むし いわ フェアリー
0.391倍 でんき どく
ノーマル
スペシャル
ニドキングの通常技は、毒か鋼タイプのどちらか。
どくづきなら毒・地面・岩・ゴースト・フェアリー、アイアンテールなら炎・水・電気・鋼が耐性を持ちます。

ラグラージやメタグロスなど、どちらにも耐性を持つポケモンもいるので、ニドキングの通常技によるダメージを抑えつつ立ち回るのがおすすめ。
ポケモン おすすめ理由
ラグラージ
ラグラージ
マッドショット×ハイドロカノン or なみのり
ニドキングの通常技で使用する毒と鋼に耐性があり、弱点かつエネルギー効率が良い「マッドショット」が有用。
レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は「なみのり」で代用可能。2番手のダグトリオ相手でも戦える。
メタグロス
メタグロス
しねんのずつき×サイコキネシス
ラグラージと同様、毒と鋼の耐性持ち。エスパータイプ技の「しねんのずつき✕サイコキネシス」で、ダメージレースにおいて優位に立てる。
マンムー
マンムー
こなゆき×ゆきなだれ
ニドキングが鋼技なら撤退推奨だが、毒技ならは高い耐久と攻撃値で相手のHPを削り切ることも。
氷技構成はニドキング以外でも有効なので、ダグトリオかガブリアスでも勝てる可能性あり。

サカキのガルーラ対策

耐性 1.600倍 格闘
0.391倍 ゴースト
ノーマル
スペシャル
格闘タイプで"効果抜群"を狙える、かつガルーラの「けたぐり」「どろかけ」の両方を軽減できるポケモンはかなり限られています。
そのため、手頃な対策方法として、格闘タイプのポケモンでゴリ押しするのがおすすめ。

また、「けたぐり」「どろかけ」は、どちらも飛行タイプのポケモンであれば軽減可能。
弱点をつくのは難しいですが、サカキの2番手にはガブリアスも控えていることから、地面タイプ技への対策として飛行タイプで挑むのも選択肢となります。
ポケモンおすすめ理由
カイリキー
カイリキー
カウンター×ばくれつパンチ
格闘タイプで対策する場合はカイリキーやローブシンがおすすめ。また、格闘タイプのポケモンは1番手のペルシアンにも強いことから、サカキ対策として積極的に採用したい。
トゲキッス
トゲキッス
あまえる×マジカルシャイン
"効果抜群"は狙えないが、ガルーラのノーマル技それぞれをW軽減可能。同じく2番手のガブリアス対策にもなることから、活躍する場面は多い。

サカキのガブリアス対策

耐性 2.560倍 こおり
1.600倍 ドラゴン フェアリー
0.625倍 ほのお どく いわ
0.391倍 でんき
ノーマル
スペシャル
ガブリアスはW弱点となる氷技で攻めるのがおすすめですが、ゲージ技がだいもんじだと弱点なので注意が必要です。

また、ガブリアスがドラゴン技を持たない場合は、炎と地面に耐性を持つカイリューなどがおすすめ。ドラゴン技なら氷技で一気に倒す、もしくは耐性を持つフェアリータイプを活用すると良いでしょう。
ポケモン おすすめ理由
マンムー
マンムー
こなゆき×ゆきなだれ
氷タイプ技でW弱点を突く場合はマンムーがおすすめ。 氷タイプのポケモンの中では耐久力が高く、ダメージは軽減できずとも押しきることができる。
トゲキッス
トゲキッス
あまえる×マジカルシャイン
弱点を突きつつ、地面・ドラゴンタイプ技の両方を軽減可能。
2番手のダグトリオに対しても理想的な耐性をもっているため汎用性が高い。

サカキが繰り出す3番手対策

サカキのミュウツー対策

ミュウツー
耐性 1.600倍 虫 ゴースト 悪
0.625倍 格闘 エスパー
ノーマル
スペシャル
ノーマル技がエスパータイプのみなので、悪タイプのポケモンで対策するのがおすすめ。
自分のシールドが残っている場合は、格闘タイプ技の「きあいだま」をケアすることができます。

また、シャドウミュウツーは対戦時CP11000オーバーとかなり強力。
有利ポケモンであってもノーマル技のみで手痛いダメージを受けてしまいます。

そのため、ミュウツー対策に使うポケモンは、できる限り道中では使用せず、温存するようなプレイングを心がけましょう。
ポケモンおすすめ理由
バンギラス
バンギラス
かみつく×かみくだく
ダメージ効率の高い「かみつく×かみくだく」でHPを削っていく。ペルシアン対策でも活躍できるため、ペルシアン攻略後のバンギラスと、別のもう1匹のポケモンでミュウツーを倒すという対策もとれる。
ダークライ
ダークライ
バークアウト×あくのはどう
攻撃種族値の高い悪タイプの伝説ポケモン。
エネルギー効率の高い「バークアウト」でスペシャル技を素早く回せるため、余裕を持って攻略可能。

サカキのスイクン対策

※現在は出現していません。
スイクン
スイクンは他のポケモンと異なり、通常技が3種類、さらにゲージ技は通常技にはない水タイプがあります。

ただし、ゲージ技を使われるにしても、硬直を狙えば1度のバトルで1回使われるか否かほどなので、シールドを1つ温存しておけば良いでしょう。
そのため、スイクンの対策としては、通常技のタイプにあわせて耐性を揃えることです。
※2回以上使われる場合は1体だけで対処するのはほぼ不可能
ポケモンおすすめ技構成/理由
ジバコイル
ジバコイル
スパーク×ワイルドボルト
「バークアウト(悪)」以外に耐性を持つ。タイプ一致の弱点タイプで攻撃できる。
メルメタル
メルメタル
でんきショック×10まんボルト
「バークアウト(悪)」以外に耐性を持つ。「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。
ディアルガ
ディアルガ
りゅうのいぶき×かみなり
「じんつうりき(エスパー)」に耐性を持つ。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。
シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。

ビリジオン
でんこうせっか×リーフブレード
「バークアウト(悪)」に耐性を持つ。
通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。
ジュカイン
ジュカイン
れんぞくぎり×リーフブレード
通常技に耐性を持たず、氷タイプの「こおりのキバ」に至っては弱点になってしまうが、それ以外には硬直を狙いやすい技構成により良い勝負をする。

サカキのエンテイ対策

※現在は出現していません。
エンテイ
エンテイが使う通常技はどちらも炎タイプ
ゲージ技も3/4は炎タイプであり、鋼技の「アイアンヘッド」を使ってきたとしても、炎タイプを軽減できる水ポケモンであれば撤退する必要はありません。
ポケモンおすすめ技構成/理由
パルキア
パルキア
りゅうのいぶき×ハイドロポンプ
炎技がW耐性の高ステータスポケモン。
ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。
オムスター
オムスター
マッドショット(“みずでっぽう”でも可)×いわなだれ
パルキアと同様に炎技がW耐性
最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。
※「アイアンヘッド」は相性等倍になるので注意
カイオーガ
カイオーガ
たきのぼり×なみのり
「たきのぼり」の出が遅いため硬直を狙いにくく、その間にエンテイの高火力でカイオーガのHPを削られやすいのは否めないが、全体的に高種族値なので十分ダメージを与えられる。
スイクン
スイクン
バークアウト×バブルこうせん×みずのはどう
スイクン1体だけでは押し負けるが、素早く使用できる「バブルこうせん」にてエンテイの攻撃力を下げられるので、1~2番手で投入したポケモンを有利に出せる。
攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。
ラグラージ
ラグラージ
マッドショット×ハイドロカノン
エンテイが「ほのおのキバ」を搭載型の場合は、防御面が脆い傾向にあるラグラージは押し負ける可能性もある。
ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。

サカキのライコウ対策

※現在は出現していません。
ライコウは電気単タイプにくわえて、使用する技のほぼすべてが電気技なので、W耐性となる地面ポケモンを投入すれば、よほどトレーナーバトル向きのポケモンでない限り負けることはないでしょう。
ポケモンおすすめ技構成
ラグラージ
ラグラージ
マッドショット×じしん
ガブリアス
ガブリアス
マッドショット×じしん(すなじごくも可)
グラードン
グラードン
マッドショット×じしん
ドサイドン
ドサイドン
どろかけ×じしん

サカキのバトル報酬

サカキに勝利すると、以下の報酬が確定で貰えます。
  • ・イッシュのいし×1
  • ・ふしぎなアメ×5
  • ・わざマシンスペシャル×1
  • ・わざマシンノーマル×1
  • ・ほしのすな×5,000
さらに「げんきのかたまり×4」と「まんたんのくすり×4」をランダムで3枠受け取れます。
例)「げんきのかたまり×4」×2と「まんたんのくすり×4」×1

サカキ討伐後は伝説シャドウのゲットチャレンジ

スイクン
また、他のロケット団と同様に、ポケモンのゲットチャレンジが発生。
サカキに勝利すると3番目に使う、伝説シャドウポケモンのゲットチャレンジに進めます。

なお、2020年7月10日(金)からはスイクンのシャドウポケモンと確定で出会えます。

伝説シャドウゲットチャレンジのCPと個体値

サカキの伝説シャドウゲットチャレンジの場合、個体値の組み合わせは000~FFF(0%~100%)まで存在します。

なお、捕獲時のレベルは8固定で、天候ブースト時は13になります。
伝説ポケモン100%個体値
11月フリーザー
フリーザー
688
(1133)
12月サンダー
サンダー
795
(1310)
1月ファイヤー
ファイヤー
781
(1287)
2月ライコウ
ライコウ
778
(1282)
3月~エンテイ
エンテイ
782
(1290)
7月10日~スイクン
スイクン
672
(1180)
※カッコ内は天候ブースト時の100%CP
なお、リトレーンした場合はすべての個体値が2増加するので、シャドウ状態の場合はすべての個体値が13以上なら実質100%CPともいえます。

高個体値を狙いたい場合は天候ブーストを狙おう

天候ブースト時は各個体値の最低値が4に底上げされるので、444~FFFが個体値の組み合わせとなります。
サンダーは雨と強風時に天候ブーストがかかるので、その日にサカキを討伐してみましょう。

GOフェストでミュウツー登場

1番手2番手3番手
ペルシアン サンドパン ミュウツー
GOフェスト2020の2日目にサカキのポケモンが変更。なお、7月26日(日)のゲットチャレンジは、ポケストップでサカキと遭遇した場合、10:00〜20:00の間はシャドウペルシアンとなり、それ以外の時間はシャドウスイクンとなります(気球は終日シャドウペルシアン)。

サカキと戦う方法

サカキもロケット団のしたっぱやリーダーたちと同様にポケストップにて遭遇できます。
ただし、リーダーを探すのに「ロケットレーダー」が必要なように、サカキ探索には「スーパーロケットレーダー」が必要

「スーパーロケットレーダー」はスペシャルリサーチのタスク4/6の報酬で入手できます。

サカキ以外が見つかる場合も

スーパーロケットレーダーをセットすれば、サカキが潜伏しているポケストップが表示されます。
しかし、そこに必ずしもサカキがいるでのはなく、囮としてしたっぱがいる場合も。

サカキがいるポケストップには、もちろんサカキが近くに立っているので、近くまで接近して確認しましょう。

ポケモンGOのおすすめ攻略リンク

ポケモンGOイベント情報

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2016 Niantic, Inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント 66

読み込み中です

    ポケモンGO攻略Wiki

    最新イベント/アプデ

    最新イベント情報
    新機能
    注目レイド

    ポケモンGOランキング

    ポケモン一覧

    地域別
    タイプ別

    フレンド情報

    トレーナーバトル情報

    ロケット団情報

    ロケット団対策
    ロケット団関連リサーチ

    レイドバトル攻略法

    ジムバトル攻略法

    リサーチ情報

    スペシャルリサーチ効率

    初心者向け攻略まとめ

    お役立ち攻略情報

    裏技・小ネタ

    わざ一覧

    ポケモン関連攻略サイト

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。