【ポケモンGO】カイリューのおすすめ技や個体値(CP)

ポケモンGOのカイリューの最強技や最適な組み合わせ、個体値・CP、カイリューの巣や入手方法などを掲載しています。ポケモンGOのジムやレイドバトルでカイリューを使う時の参考にしてください。

2018/02/05 16:57
最新更新情報
目次
ステータス
評価
覚える技
おすすめ技組み合わせ
活躍するジム・レイドポケモン
倒し方・対策おすすめポケモン
入手方法・巣
カイリューとは

カイリューのステータス

カイリュー
タイプ1 ドラゴン
タイプ2 ひこう
天候1 強風
天候2 強風
MAX CP 3581

カイリューの種族値

HP 182
攻撃 263
防御 201
合計 646

カイリューのタイプ相性(弱点・耐性)

ノーマル - ほのお みず
でんき - くさ × こおり
かくとう どく - じめん ×
ひこう - エスパー - むし
いわ ゴースト - ドラゴン
あく - はがね - フェアリー
※表の倍率 ◎→1.96倍、○→1.4倍、-→1.0倍、△→0.714倍、×→0.51倍

カイリューの評価

高水準なステータス

攻撃力が高いうえに、ドラゴンは耐性を持つタイプが少なく、ダメージを与えやすいのが特徴。どのポケモンが相手でも活躍しやすいので、最初に育成しておきたいポケモン。

こおりタイプに注意

ラプラスパルシェンなど、強力なこおりタイプのわざを持ったポケモンが相手だと、大ダメージを受けるので注意しましょう。

カイリューが覚える技

通常技

わざ名 タイプ 威力 DPS EPS
ドラゴンテール ドラゴン 15 13.64 8.18
はがねのつばさ はがね 11 13.75 7.5

ゲージ技

わざ名 タイプ ゲージ 威力 DPS
げきりん ドラゴン 4 110 28.21
ぼうふう ひこう 5 110 40.74
はかいこうせん ノーマル 5 150 39.47
※は現在覚えない技(レガシー技)です。

カイリューのおすすめ技組み合わせ

攻撃

ドラゴンテール×げきりん

どちらもタイプ一致わざとなり、攻撃・防衛のどちらでも使いやすい構成。あく・フェアリーは以外は等倍、ドラゴンは効果抜群なので汎用性も高いです。

防衛

ドラゴンテール×ぼうふう

かくとう・むし・くさが相手ならぼうふうがおすすめ。カイリキーナッシーなどの強力なポケモン対策として用意するのもあり。

カイリューが活躍するジム・レイドポケモン

相手ポケモン おすすめポイント

カビゴン
高い耐久と攻撃力だが、高ステータスによるゴリ押しが可能

ハピナス
高耐久による防衛力が特徴的だが、それを上回る火力で攻撃することができる

カイリューの倒し方・対策おすすめポケモン

使用ポケモン おすすめポイント

ラプラス
こおり技で弱点が突ける。高耐久なので倒されにくいのも魅力的

パルシェン
ラプラスより耐久はないものの、こおり技が強力

グランブル
フェアリータイプで最も高い攻撃力で攻撃可能。ステータスでは大きく劣るので、回避などのテクニックが求められる

カイリューの入手方法・巣

カイリューの進化系統

ポケモン 進化方法

ミニリュウ

ハクリュー
ミニリュウのアメ25個

カイリュー
ミニリュウのアメ100個

カイリューのレイドバトル

現在はレイドバトルで出現しません。

カイリューの巣/野生での出現状況

野生でごく稀に出現。進化元のミニリュウをゲットするのが良いでしょう。

ミニリュウの巣

カイリューが孵化するタマゴの距離

タマゴから孵化しません

カイリューを相棒にすると獲得できるアメ

必要な距離 5km
入手できるアメ ミニリュウのアメ

カイリューとは

16時間で地球を1週出来る。嵐で難破しかけた船を見つけると陸地まで誘導する優しいポケモン。
図鑑No. 149 カテゴリ ドラゴンポケモン
高さ 2.2m 重さ 210.0kg

カイリューのシリーズの特徴や小ネタ

ポケモンが誕生してから早22年、カイリューは現在でも楽しまれているポケモンGOやウルトラサン・ウルトラムーンでも大人気です。

今回はポケモンGOの世界で、2/24(土)12時~15時にミニリュウ大量発生イベントがやってきます。

大人気ポケモンカイリューを育てるチャンスですが、そもそもカイリューがいつ頃から人気になっていたのかを振り返ってみたいと思います。

ポケモンGOの世界のカイリュー

ポケモンGOが始まったときから登場する人気ポケモンの1体です。
最大CPが高く成長しやすく、攻撃技には「ぼうふう」「げきりん」などが存在します。
ジムの防衛には"氷4倍"が痛いため向きません。しかし、攻めやレイドバトルなどで大活躍中のモンスターです。

初代のカイリュー

初代ポケモンでは、『四天王のワタルの切り札』と、<strong>他のトレーナーと比較しても別格に扱われていました。
高い攻撃力からの破壊光線や、覚える技の多彩さと初代ポケモンにはドラゴンタイプがたったの3体
(ミニリュウ・ハクリュー・カイリュー)
しかいなかった事からも特別視されていました。

ワタルのカイリュー

それだけ特別で魅力あふれるカイリューですが、初代ポケモンでワタルが使う技は、
・バリアー
・たたきつける
・こうそくいどう
・はかいこうせん


と、技の多彩さという強い部分を全部捨てるとても男気溢れたモンスターに仕上がっています。
ゲンガーを筆頭にゴーストタイプのポケモンには手も足も出ません。

くわえて、初代ポケモンでは異常な強さを誇ったふぶき・れいとうビームに弱いなどの弱点をこの時から有名でした。

プレイヤーが使うカイリュー

プレイヤーがカイリューを育てようとすると、『サファリパークですごいつりざおを使ってミニリュウを捕まえる』と言った苦行を必要とします。
サファリパークに通い、ようやく入手したミニリュウを育てて初めてカイリューになります。

ネットが普及していない20年以上前では、ミニリューが出てくれなくて諦めた人も少なくありませんでした。

一度捕まえると、れいとうビーム・10まんボルト・はかいこうせん・だいもんじなどの技に恵まれています。
加えて、初代のポケモンにはドラゴン技は「りゅうのいかり」のみとなっており、氷技以外は実質弱点がなかったのも強さの一つです。

初代のカイリューって強かったの?

初代のカイリューは、シナリオでは技の多彩さとステータスの高さから大活躍するモンスターの1体でした。
特にトレーナーが出してくるポケモンは高くてもレベル60代なのでそれを上回るのは容易かったです。

しかし、カイリューにとって悲劇だったのはわざマシンでふぶき・れいとうビームと強力な2種類が存在し、
トレーナーに大人気だったケンタロスやスターミーがそれぞれのスキルを覚えていることが多かったことです。

そして、その人気ポケモンにすばやさが劣るカイリューは、シナリオでの大活躍から一変、簡単に倒されるマトでしかありませんでした。

世代ごとに見るカイリューの扱い

第一世代

まともなタイプ技が無く、大会ルールにも縛られまともに戦える状況ではありません。
第一世代ではこおりわざが強力だったこともあり活躍できませんでした。

第二世代

はかいこうせんの弱体化が痛く、メインで戦うワザが、げきりんになるなど扱いづらさは残りました。
ふぶきの弱体化から、氷タイプの弱体化はありましたが、それでも4倍の弱点は戦いづらい結果となりました。

第三世代

公式大会での使用不可・しんぴのまもりの仕様変更などがあり、扱いづらさと、ライバルのボーマンダが50レベルで進化可能
不遇な存在になりました。

第四世代

げきりんの強化、フラットバトルの導入があり、再び参戦可能になるも、ボーマンダの人気に加え、ガブリアスの登場により
げきりんの強みは活かしづらい環境が続きました。

第五世代

マルチスケイルが登場したことによりシングルバトルでは活躍できるように!
今までの不遇環境から一変しバトルでも見かけられるようになりますが、対策となるパルシェン・オノノクスなどが登場するようになります。

第六世代・第七世代

フェアリータイプの追加から環境的に戦いづらくなるも、マルチスケイルによる強さがあり活躍しました。
そのため、扱うトレーナーの力量がはっきり現れるモンスターになっています。

ポケモンGOでのカイリューのこれから

現状の仕様では、タイプ4倍の弱点は大きいものの、DPSの高いワザを覚えており、今後も大活躍が期待できます。
ワザの多彩さはポケモンGOではいかされないものの、ドラゴンワザの扱いやすさと、相性普通のモンスターを押し切れる強さがあります。

ポケモンGO攻略Wikiリンク

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2016 Niantic, Inc.

コメント

まだコメントはありません

ポケモンGO攻略Wiki

最新イベント・アプデ情報

ポケモンの巣一覧

ポケモンGOランキング

レイドバトル攻略法

伝説ポケモン対策

レイドポケモン対策

ジムバトル攻略法

初心者向け攻略まとめ

お役立ち攻略情報

裏技・小ネタ

ポケモン一覧

わざ一覧

ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。