【ポケモンGO】トレーナーバトル(対戦)の最強技ランキング

ポケモンGOのトレーナーバトルで最強の技をご紹介。トレーナーバトル(対人戦)において、どのような技が強いのか、どの技を覚えさせた方が良いのかを確認したい方は参考にしてください。

最新更新情報

トレーナーバトルの最強技とは

カイリキーの攻撃

トレーナーバトルの技はジム/レイドとは仕様が異なる

トレーナーバトルでポケモンが使う技は、ジム・レイドバトルとは仕様や威力が変更されています。

トレーナーバトルの仕様については本記事で解説していますが、ジム・レイドバトルについては下記記事で紹介しているので、そちらもぜひ参考にしてください。

トレーナーバトルはターン制

はっぱカッター
トレーナーバトルは1ターンを0.5秒としたターン制バトル。

そして、ノーマル技には"1回攻撃するのに必要なターン数"が設定されており、そのターン数が少ないほど素早くノーマル技を繰り出せます。
以下はトレーナーバトルにおける「くさはっぱカッター」の技データになります。
わざ名 威力 時間 DPT EPT
くさはっぱカッター 11 2 5.5 2
このデータ内の「時間」が"1回攻撃するのに必要なターン数"を表しており、「くさはっぱカッター」の場合は2ターン(0.5秒×2)に1回攻撃できることを指します。
※DPT、EPTについては後述

ノーマル技でエネルギーをためる

ノーマル技で攻撃する度にエネルギーがチャージされます。
このエネルギーが個々のスペシャル技に設定されている、必要消費量までたまるとスペシャル技が使えるように。

トレーナーバトルは基本的に、「ノーマル技を連打して技エネルギーをチャージ」→「スペシャル技を使う」という流れになります。
ノーマル技の使用でエネルギーがたまる
▲ノーマル技の使用でエネルギーがたまる

トレーナーバトルのノーマル技の仕様

ノーマル技の強さを測る指標として「DPT」と「EPT」があります。
用語意味
DPT1ターン(0.5秒)に敵に与えられるダメージ量
=高いほど短時間で多くのダメージを与える
EPT1ターン(0.5秒)にためられるエネルギー量
=高いほど早くスペシャル技を発動できる

DPTとは

「DPT(Damage Per Turn)」とは1ターン(0.5秒)に出せるダメージ量のことを指し、「威力÷時間(必要ターン数)」で出せます。

スペシャル技はシールドで無効化される場合もありますが、ノーマル技は避けられないので、DPTが高い技をポケモンに覚えせることで、より確実に短時間で多くのダメージを稼げます。

EPTとは

「EPT(Energy Per Turn)」とは1ターン(0.5秒)に獲得できるエネルギーゲージ量のことを指し、「獲得エネルギー量÷時間(必要ターン数)」で出せます。

EPTが高ければ高いほど、スペシャル技を早く出しやすくなります。

トレーナーバトルのスペシャル技の仕様

かみくだく
スペシャル技の指標には、エネルギーのダメージ効率を指すDPEがあります。
用語意味
DPE1エネルギーで与えられるダメージ量
=高いほどエネルギー効率が良い

DPEとは

スペシャル技はノーマル技でためたエネルギーを消費して発動しますが、「DPE(Damage Per Energy)」は「威力÷消費エネルギー」で出した数値を指し、エネルギーのダメージ効率を表します。

DPEが高いほど1エネルギーで与えるダメージ量が多く、短時間でより多くのダメージを与えられます。

トレーナーバトルのノーマル技ランキング

DPTの高い技

DPT(1ターン毎の与ダメージ)が高い技のランキングです。

なお、天候ブーストで威力がアップすることもあるので、使用するポケモンによってはDPTの優劣を覆すこともあります。
※天候ブースト時のDPTは個別の技評価記事に掲載
わざ名 威力 時間 DPT EPT
くさはっぱカッター 11 2 5.5 2
全ノーマル技の中で最大のDPTは「5.5」。
該当する技は「くさはっぱカッター」のみですが、チャージ獲得効率に関わるEPTは低めなので、スペシャル技よりもノーマル技でダメージを与えていきたいポケモンにおすすめの技です。

DPTが4の技

わざ名 威力 時間 DPT EPT
かくとうカウンター 8 2 4 3.5
エスパーねんりき 16 4 4 3
ドラゴンりゅうのいぶき 4 1 4 3
みずたきのぼり 12 3 4 2.67
いわうちおとす 12 3 4 2.67
いわいわおとし 8 2 4 2.5
あくかみつく 4 1 4 2
ノーマルひっかく 4 1 4 2
次点で高いDPTは「4」ですが、その中でも「かくとうカウンター」はEPTにも優れているため、DPTのトップにこそなれませんが、最強のノーマル技の1つと言っても過言ではありません。

EPTの高い技

EPT(1ターン毎のチャージ増加量)が高い技のランキングです。
わざ名 威力 時間 DPT EPT
エスパーサイコカッター 3 2 1.5 4.5
じめんマッドショット 3 2 1.5 4.5
でんきでんきショック 3 2 1.5 4.5
くさつるのムチ 5 2 2.5 4
ゴーストシャドークロー 6 2 3 4
こおりこなゆき 4 2 2 4
でんきスパーク 4 2 2 4
むしれんぞくぎり 2 1 2 4
ノーマルプレゼント 3 3 1 4
最も高い3種類の技が該当するESPは「4.5」。
また、次点の「4」も高いといえる部類であり、その中でも「ゴーストシャドークロー」がDPTも高く、優れているノーマル技の一種です。

トレーナーバトルのスペシャル技ランキング

DPEの高い技

DPE(ダメージ効率)のランキングです。
高ければ高いほど、効率よくダメージを稼げます。
わざ名 威力 消費E DPE
みずハイドロカノン 90 40 2.25
くさハードプラント 100 45 2.22
ほのおブラストバーン 110 50 2.2
かくとうきあいだま 150 75 2
くさリーフブレード 70 35 2
こおりゆきなだれ 90 45 2
ドラゴンりゅうせいぐん 150 75 2
はがねコメットパンチ 100 50 2
上位の技3種類だけでなく、それ以下の「ドラゴンりゅうせいぐん」「はがねコメットパンチ」もレガシー技です。
これらはコミュニティデイで覚えられる限定技なので、最強技を覚えさせたい場合は必ずコミュニティデイに参加しましょう。
なお、レガシー技以外で該当する技は、「かくとうきあいだま」「くさリーフブレード」「こおりゆきなだれ」の3種類。
これらの技を覚えられるのであれば、2枠あるスペシャル技の1つは確定と言ってもいいでしょう。

チャージ消費量の少ない技

チャージ消費量(1回の発動で消費するエネルギー量)のランキングです。

スペシャル技の場合は基本DPEを意識すればよいですが、消費量が少なければ少ないほどスペシャルを放つ機会が多くなるので、相手のシールド発動を誘発させられます。
わざ名 威力 消費E DPE
かくとうかわらわり 40 35 1.14
かくとうクロスチョップ 50 35 1.43
くさリーフブレード 70 35 2
ゴーストシャドーパンチ 40 35 1.14
じめんホネこんぼう 40 35 1.14
どくクロスポイズン 40 35 1.14
どくどくどくのキバ 40 35 1.14
ドラゴンドラゴンクロー 50 35 1.43
ノーマルのしかかり 60 35 1.71
ノーマルつのでつく 40 35 1.14
みずアクアテール 50 35 1.43
むしシザークロス 45 35 1.29
最小のゲージ必要量は「35」。

いずれも威力が控えめな技が多いですが、EPTが高いノーマル技と組み合わせることで、スペシャル技を連発可能です。

リーフブレードが高性能

リーフブレードは消費が最小の「35」、且つ威力は70と他の技と比べて威力が高めになっています。

威力が70の技は消費45が基本なため、性能ではワンランク上の優秀な技と言えるでしょう。

ポケモンGO攻略Wikiリンク

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2016 Niantic, Inc.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ポケモンGO攻略Wiki

    最新イベント・アプデ情報

    ポケモンGOランキング

    ポケモン一覧

    地域別
    タイプ別

    フレンド情報

    トレーナーバトル情報

    レイドバトル攻略法

    ジムバトル攻略法

    リサーチ情報

    初心者向け攻略まとめ

    お役立ち攻略情報

    裏技・小ネタ

    わざ一覧

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。